高木翼のWebサイト

高木 翼 Tsubasa TAKAGI 数理論理学を計算機科学に応用する研究をしています。
所属 JAIST(緒方研究室
連絡先
研究分野 理論計算機科学、数理論理学
学位 修士(情報科学)

最新情報

2022/04/01
日本学術振興会特別研究員DC1に採用されました。
2021/10/01
所属がJAIST緒方研究室になりました。
2021/09/24
修士(情報科学)の学位を取得しました。
2021/06/15
論文が新進研究者Research Notesに掲載されました。
2021/06/08
18th International Conference on Quantum Physics and Logicで発表しました。
2021/01/09
論文がInternational Journal of Theoretical Physicsに掲載されました。
2020/04/01
所属がJAIST東条研究室になりました。

経歴

TA(ティーチング・アシスタント)

RA(リサーチ・アシスタント)

研究内容

量子コンピュータのプログラム(量子プログラム)のための数理論理の定式化、およびそれによる量子プログラムの数学的な記述・分析を行っています。現在の研究テーマは、大きく分ければ次の二つになります。

  1. 量子計算は古典計算とは完全に異なる原理に基づいているため、プログラマの意図(仕様)どおりにプログラミングされていることを直感的に検証するのは困難です。例えば、print関数によって量子ビットの状態を逐次確認しながら量子プログラムを書こうとしても、量子計算では計算途中の状態の確認(測定)がその状態を変化させてしまうため有効ではありません。そこで、様相論理(動的論理・時相論理)や等式論理による量子プログラムの形式的な検証手法について研究しています。
  2. 量子論理(=量子力学の論理)は、量子計算よりも半世紀ほど前に誕生したため、当然量子計算とは無関係に発展してきました。そこで、量子論理の従来の意味論を量子計算の観点から解体・再構築することにより、量子論理に新たな視座を与えることを試みています。

キーワード:様相論理(動的論理・時相論理)、量子論理、量子計算、形式手法、代数的構造、等式論理、状態遷移系、オートマトン、グラフ理論、モデル検査

主な業績

査読付き研究論文

  1. Tsubasa Takagi. Translation from Three-Valued Quantum Logic to Modal Logic. (International Journal of Theoretical Physics, 60(1): 366–377, Springer, 2021.) [PDF]

査読付き国際会議

  1. Tsubasa Takagi and Satoshi Tojo. Temporal Observable-Dependent Logic for Quantum Finite Automata. (18th International Conference on Quantum Physics and Logic, Poland, June 8, 2021.)

研究発表(査読なし)

  1. 高木翼, A Multi-modal Logic for Quantum Finite Automata, (第37回 記号論理と情報科学研究集会 (SLACS2020))、2020年
  2. 高木翼、「量子論理の視点に基づく反事実的条件法の再考」(科学基礎論学会 総会、2020年)
  3. 保科宏樹、飯澤正登実、齋藤曉、高木翼、「生成消滅演算子にもとづく量子論理」(日本物理学会 第75回年次大会、2020年)
  4. 高木翼、「近傍意味論の線形代数的再定式化」(第54回 MLG数理論理学研究集会、2019年)

奨学金

  1. SDプログラム奨学金(JAIST、2020年4月~現在)
  2. 成績最優秀者奨学金(法政大学、2019年4月~2020年3月)