高木翼のWebサイト


汝自身を知れ(グノーティ・セアウトン)

古代ギリシャのデルフォイ神殿に捧げられた「汝自身を知れ」という標語は、人間の傲慢さを戒める。自分の事なら自分が一番知っていると思いがちだが、本当は自分こそが自分にとっての究極の謎なのだ。私は、論理・認識・言語という観点から、この謎に迫ろうと試みている。

新着情報

  • 新着記事

    随筆が『窮理』第16号に掲載されました。

  • 新着記事

    論理プログラミングの解説記事を公開しました。

  • お知らせ

    JAISTに進学しました。

  • 新着論文

    論文をarXivに投稿しました。

  • 新着記事

    様相論理文献集を公開しました。

  • お知らせ

    やまなみ書房のページにて、本サイトが紹介されました。

  • お知らせ

    Webサイトを開設しました。

論理学とは

論理学とは、人間の合理的な思考の仕組みを探究する学問である。それにより、高度な思考を自動で行える計算機の作成や、思考の些細な誤りを瞬時に検出する計算機の作成につながる。論理学の研究課題としては、次のようなものがある。

関連分野:計算機科学、数学基礎論、言語哲学、言語学など

論理学に関する随筆

「論理学に魅せられて」というタイトルの随筆が雑誌『窮理』第16号に掲載されました。筆者(高木)が学部時代に論理学について感じたことを書いています。ぜひご覧ください。以下、窮理舎さんによる紹介文の引用です。

小誌初掲載の現役博士課程学生のエッセイです。高木氏には、研究している論理学を学ぶに至った来し方を振り返り、現在研究生活を送る胸中を語っていただきました。これから論理学を学ぼうとしている人や、どのような学科に行くのがよいか悩んでいる人にも参考になればと思います。入魂といってよい学問に捧げる決意表明の文章です。